サイトメニュー

ボツリヌス療法の特性

女性

治療を受けて悩み解決

手軽に顔立ちを矯正して小顔を作り出す治療の一つに挙げられるのが「ボツリヌス療法」です。A型ボツリヌス毒素をエラの筋肉に注入して小顔を作るボツリヌス療法を行うにはカウンセリングを申し込む必要があります。待合室で待っていると名前を呼ばれますので、それまでに受付で渡されたカウンセリングシートに必要事項を記入して待っているのが一般的です。そしてカウンセリングのあとにパウダールームでメイクをクレンジングしてオフし、ボツリヌス療法を行う下準備をします。矯正効果のビフォー・アフターをチェックするため、治療の前と後で顔の正面からの写真を撮る場合もあります。ボツリヌス療法は医療行為にあたるので、治療は施術室で医師が行います。麻酔をするかどうかは注入するA型ボツリヌス毒素の種類によって違いますが、注射が苦手で痛いのが心配ならカウンセリングのときに麻酔ありかなしか確認しておくのが良さそうです。A型ボツリヌス毒素の注入自体は注射をするだけなので、一箇所あたり5分もかからず終わります。
ボツリヌス療法は小顔矯正治療を提供している医療機関では定番となっているほど人気が高く、多くの人がその効果を実感しています。エラの皮下にある筋肉が生まれつきしっかりしていると正面から見たときに幅が広くなり、それにコンプレックスを持っている人は意外と多いです。エラの骨そのものが発達しているケースもありますが、その場合であっても筋肉を少なくするだけでだいぶ見た目が変わります。ボツリヌス療法に小顔効果があるのは、A型ボツリヌス毒素に投与した部分の筋肉を細くする特性があるためです。エラの筋肉が細く収縮することによって幅がキュッと引き締まり、耳からあごの先にかけて美しい理想的なVラインに矯正されます。その小顔効果が続くのは3カ月から1年ほどで、ピークのあとはゆっくりと元に戻っていきます。また、何回かボツリヌス療法を継続するうちに筋肉が収縮したままになる場合もあるようです。ダウンタイムはほぼ無しに等しく、治療をしたことは周りの誰も気づかないので安全です。