サイトメニュー

整形する前の基礎知識

顔に触れる女性

気をつけることと効果

顔の大きさが気になる場合には、小顔矯正をする方法があります。この方法で気をつけるべき点はいくつかありますが、そのうちの一つは美容整形外科の選び方です。一概に美容整形外科といっても、さまざまな種類があります。そして、何より担当医師によって腕前が違ってくる可能性も高いです。このようなときに、しっかりした施術をしてくれる所を選ぶことができるかどうかで、満足度が変わってくるといっても過言ではありません。選び方は、口コミや評判だけでなく、ホームページの雰囲気などで選ぶのも一つの方法です。また、実際にカウンセリングをしてみてこちらの質問に対して具体的な回答をしてくれるかも重要になります。施術をする当日は、化粧はあまりしないようにしましょう。化粧は、美容整形外科に行ったとき落とすことになりますが、普段通りの化粧よりも若干薄めにした方が時間の短縮になります。それ以外では、小顔矯正する当日にお酒を飲まないようにすることが必要です。これは、術前だけでなく術後も同様になります。
これから小顔矯正をしたいならば、どのぐらい効果があるかを調べておいた方がよいです。高いお金を払って小顔矯正してみてもほとんど効果がないようならばお金をドブに捨てるようなものでしょう。一般的に、小顔矯正に用いる方法の一つが注射になります。この注射は、あごの付近の筋肉の働きを麻痺させるタイプになるでしょう。この注射を用いることで、あごの周りの筋肉の働きが鈍くなります。働きが鈍くなると、筋肉自体が落ちてきますので少しずつ耳の下の顎あたりがへこんでくるのです。この方法は、料金があまりかからないだけでなく施術も15分程度で終わるため時間がない人でも安心でしょう。もしこの注射を選ぶ場合には、十分な効果が出るかを一度医師に相談してみましょう。もう一つの方法は、筋肉を縮小させるだけでなく脂肪を融解する注射を打つものです。顔に脂肪がつきやすい人は、ダイエットするのも一つの方法ですが、なかなか脂肪が落ちない場合には注射をすることで、ひと回り顔を小さくする効果が生まれるでしょう。