サイトメニュー

一般的な施術の方法

女性

どんな施術があるの

小顔矯正とは、一言で言うと顔を小さくすることです。場合によっては、顔を小さく見せるテクニックのことを言うこともあります。具体的な方法としては、骨格の位置を整えた上で、リンパの流れを改善することで顔が小さく見えるとい効果を生むのです。矯正を行うのであれば、エステや整体が良いでしょう。正しい知識のもとで施術するのが得策です。整体での施術は、マッサージをすることをおもい浮かべる人が多いかもしれませんが、実際は骨格を矯正する手法がとられます。骨を正常な位置に戻し、骨格を矯正することで、血液やリンパの流れが改善されます。これは根本改善となりますので、一時的な小顔効果ではなく、比較的長く効果が持続します。その他の方法としては、エステによる小顔マッサージがあります。プロの施術師により顔を定期的にマッサージすることで、小顔を目指すのです。マッサージの目的は大きく分けて3つあります。1つ目はリンパの流れを良くすることです。二つ目は凝り固まった筋肉をほぐすことで、3つ目は骨格の矯正です。
ボトックスとは、美容外科で行われる小顔注射で、エラ張りや固太りに効果を発揮します。安全性は高いですが、筋肉の働きを弱くする「毒」を使用するため、正しい知識を身につけておいた方が良いでしょう。ボトックスは、通常の小顔矯正施術にて効果が出なかった人に、行われる施術です。顔の筋肉に「ボツリヌス菌の毒素」を注射することで、顔の筋肉の動きを鈍くします。この結果、筋肉の運動量が減ることで筋肉が細くなり大顔が解消されると言う効果がえられる矯正方法です。ポイントを狙って注射しますので、関係ない筋肉に作用することなく、顔だけを矯正することが可能です。きになるのが副作用ですが、ボトックス注射は比較的失敗や副作用が少ないです。稀に注射した部分が内出血して赤みが出ることがありますが、数日で回復します。また、効果が強く出すぎたときには一時的に表情が変わったり、患部付近の筋力低下が起きることもあります。しかし、これも2週間程度で解消するはずです。まれに、軽い風邪のような症状が出ることもあるそうです。